ハイデガー「存在と時間」

最新10レス
1名無しさん@Next2ch:2013/08/25(日) 08:10:11.66 ID:W6A+W+fA

「存在の問い(die Seinsfrage)」
たら書いてるように読めるんだけど、
牛歩の歩みで全然読み終わらないダメ現存在(Da-sein)の俺に
おまいらのアドバイスをください。

哲学板開いてないからここでいいよね?


マルティン・ハイデッガー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AC%E3%83%BC

存在と時間
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%98%E5%9C%A8%E3%81%A8%E6%99%82%E9%96%93

2名無しさん@Next2ch:2013/08/25(日) 08:10:58.72 ID:W6A+W+fA

◇哲学@2ch掲示板

 【存在】ハイデガー【有】
 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1341111730/

 ★ ハイデガーは なぜ「ナチ党員」だったのか ★
 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1341071064/

3名無しさん@Next2ch:2013/08/25(日) 08:16:35.51 ID:W6A+W+fA

最初にぱらぱらと本のページをめくったのがたぶん5年くらい前。
で、ときどき思い出しては開いてみるんだけど数ページ読んだら
脳が心地よく疲れて安眠してしまう。
そんなこんなでまだ上巻さえも読み終わってない。

困ったことに(というべきか)ちっともつまらない本ではないので投げ出す理由がない

4名無しさん@Next2ch:2013/08/25(日) 08:38:20.42 ID:i5xUa2Px

自分も哲学書はたいていそうだよ
その調子で地味に安眠剤として活用しよう

つか>2の下側トンデモスレwww
ココ・シャネルやフォードの創造物を享受する人々はそのへん割り切ってるぽいのに
ハイデガーだけ取り沙汰されるのはなぜなんだ

5名無しさん@Next2ch:2013/08/25(日) 11:59:48.30 ID:W6A+W+fA

あ~ でも面白スレだよ

37 :考える名無しさん:2012/07/02(月) 01:31:22.03 0
>>1
>ハイデゲリアン
怖い命名だな、禿げそうで


にはワロタw

6名無しさん@Next2ch:2013/09/01(日) 20:57:11.92 ID:3zt8OkzI

2ちゃんスレでは「現存在」が単なる人間ではなく突き詰めれば「神の世界にいる人間」を示しているたらなんたら議論しているが
1/3も読んでない俺には入っていけんな
手っ取り早くいろいろ脇道のテキストを読めば話がわかりやすくなるんだろうけど
近道を焦る歳でもないからいいや

7名無しさん@Next2ch:2013/09/04(水) 02:23:46.87 ID:qU7XmVhN

なぜ「私」ではなく「わたしたち」なのか
これまで読んできたところまででは良くわからない
終わりまで読めば見当はつくというか感じ的にわかるのかな

8名無しさん@Next2ch:2013/09/08(日) 21:19:49.93 ID:keVe3g4X

あまり間を置きすぎずに数ヶ月の短期間で集中的に読み切るのが理想であることはわかっているんだけどね
今、4、5年前に読んだはずの箇所の用語が思い出せず
また前の方に遡っている
「世界・内・存在」と彼が言う時どんなニュアンスで使っていたか

9名無しさん@Next2ch:2013/09/16(月) 22:52:22.16 ID:LmpwXYg7

http://www.sakuhinsha.com/nextrelease.html

おい高すぎだろw 足元見すぎもええ加減に

101:2013/11/09(土) 14:15:23.69 ID:6fhN/jrd

いやいや
他の本いろいろ読んじゃってまた中断してたわ
このスレあると思い出すから建てたのは正解だったかな

11名無しさん@Next2ch:2013/12/14(土) 19:09:41.25 ID:8+P7X2d8

新訳は意外に評判が良い

12名無しさん@Next2ch:2013/12/18(水) 10:20:07.15 ID:kYDnuzPb

そもそも>>1はなぜもっと読みやすいサルトルとかではなくハイデガーを読もうと思ったのか
ハイデゲリアンを惹きつけるものとはなにか

13名無しさん@Next2ch:2013/12/19(木) 02:04:51.74 ID:cnVSoZbS

サルトルって明瞭なぶん割りと直線的というかシンプルすぎるんだよね
短編が一番よくて、「嘔吐」「アルトナ」くらいの長さだと時々「なんかウンザリ」という瞬間があり
「自由への道」「存在と無」とかもう勘弁してください状態

14名無しさん@Next2ch:2013/12/19(木) 03:40:10.30 ID:SWnmuORR

>明瞭なぶん割りと直線的
上手いw
昔フロムを読んでてそんな気になったけど最近もう一度読み返したらどんな感じかなと思う
とにかく哲学書は時間のない時に読むものではないなと実感

15名無しさん@Next2ch:2013/12/19(木) 20:20:48.30 ID:cnVSoZbS

やっぱりまぁ
一文ごとに考えさせるからねハイデガーは
疲労はすれど、飽きる筈もなく

16名無しさん@Next2ch:2014/01/26(日) 20:51:58.69 ID:sqhJzEms

時間がない! から 急げ、やっつけろ!ではなく
時間が限られてるからこそしっかり納得することをやれ、と。
まだそこまでは読んでないけど
この本自体がそういう「納得するまでしっかりやる」ことを要求するような文体で書かれている

17名無しさん@Next2ch:2014/02/02(日) 22:04:13.33 ID:pj1rMAMm

アーレントの映画なんてあったんか
http://i.imgur.com/fQj06px.jpg%3F1
http://i.imgur.com/Ia6BjOE.jpg

18名無しさん@Next2ch:2014/02/11(火) 06:44:58.73 ID:5vKmoZGX

結局のところ、難しい難しいとは言われるけど
何か文章に魅力があるから皆読むんだろうね

19名無しさん@Next2ch:2016/10/31(月) 00:26:35.88 ID:fmVBc3jg

熊野訳で41節の「気づかいとしての現存在の存在」あたりまできた哲学の初心者
ところが日本語が厄介だ
ドイツ語はダメなので英訳を参照したが
英語のentityとbeingが日本語では「存在者」と「存在」となっている
ぼくは最初この日本語の区分がよくのみこめなかった
だけど39節の英語訳を読むとこの区別はきわめて重要であることがよくわかった

色々教えてください

20名無しさん@Next2ch:2016/11/01(火) 10:22:12.54 ID:rXXdgeVx

ボブ・ディランノーベル賞受賞おめでとう。

「ビートルズやボブ・ディランの歌詞にはたとえばラーキンやベッチマンの詩と並べて考えても
よいものもみられる。・・・ポピュラー・カルチャーに対する偏見にとらわれない態度は、大衆
という文化的マイノリティからの新しい視点を導入して、新しい文学史を書かせるかもしれない。」
(川崎寿彦『イギリス文学史』(成美堂)より)

21名無しさん@Next2ch:2016/11/04(金) 17:22:05.14 ID:9N2hzL2W

第6章(現存在の存在としての気づかい(Care As The Being Of Dasein))39節の以下の箇所はどんな意味ですか、
どなたかわかりやすく説明してくれませんか

「現存在の存在は気づかいとして露呈される。」(熊野訳)
(Dasein's Being reveals itself as care.(英訳))
         ↓
現存在のあり方は気づかいとして現れる、程度の意味ですか?

22名無しさん@Next2ch:2016/11/10(木) 00:32:21.58 ID:cbODo52n

Edward Robinson 訳のBeing and Time の方が熊野訳より解りやすいようだ、
熊野訳が問題というより日本語という言語の問題だ。
同じ西洋語ということもあろうが、特に現代英語がドイツ語とフランス語から発達したことによろうか、
ドイツ語から英語には移しやすいのだろう。英文学者の川崎寿彦も英語はとても柔軟な言語だ、との旨語っていたことがあるが、そのことだ。

23名無しさん@Next2ch:2016/11/13(日) 22:10:15.03 ID:bQOAVKja

care = Being ahead of itself ー Being already in a world ー as Being alongside entities within-the-world

24名無しさん@Next2ch:2016/11/13(日) 22:28:37.39 ID:bQOAVKja

Once when 'Care' was crossing a river, she saw some clay; she thoughtfully took up a piece and began to shape it. While she was meditating on what she had made, Jupiter came by. 'Care' asked him to give it spirit, and this he gladly granted. ...Saturn their arbiter decided: ...' since 'Care' first shaped this creature, she shall possess it as long as it lives. And because there is now a dispute among you as to its name, let it be called 'homo', for it is made out of humus(earth).'  

25名無しさん@Next2ch:2016/11/19(土) 10:26:33.88 ID:kebhEkSe

43. Dasein, Worldhood, and Reality
p.245 Passing over the Being of what is proximally ready-to-hand
.....Even where the issue is not only one of ontical experience but also one of ontological understanding, the interpretation of Being takes its orientation in the first instance from the Being of entities within-the-world. Thereby the Being of what is proximally ready-to-hand gets passed over, and entities are first conceived as a context of Things (res) which are present-at-hand. "Being" acquires the meaning of "Reality". Substantiality becomes the basic characteristic of Being. Corresponding to this way in which the understanding of Being has been diverted, even the ontological understanding of Dasein moves into the horizon of this concept of Being. Like any other entity, Dasein too is present-at-hand as Real. In this way "Being in general" acquires the meaning of "Reality". Accordingly the concept of Reality has a peculiar priority in the ontological problematic

日本語訳では”(what is) proximally ready-to-hand”と”present-at-hand”との意味の相違が十分に表しきれてないように思う。そう思うのは素人の私だけか?
.

26名無しさん@Next2ch:2017/05/06(土) 10:56:50.60 ID:fvl5XiVb

言語とは一箇の独立した存在であり、人間は成長するとともにそこに参入し、そして参入することによってはじめて人間は人間になれるというわけである。言語は個々の主体が自己を展開する領野として、個々の主体に先立って存在する。そして、言語が「真理」を含むと言えるのは・・・現実がみずからを「脱・隠蔽化」し、私たちの省察に対してみずからを開示する場が言語であるという意味からそう言えるのだ。言語とは疑似客観的な出来事であり、また個々の人間に先立って存在する。こうした言語観を展開するハイデガーの思索は、実に、構造主義の理論と軌を一にしている。(イーグルトン『文学とは何か』:岩波文庫版 、〈上〉P.158)

(構造主義の現実観は)現実を本質的に言語の所産とみる。(それは)、ことによると、世界は人間の意識によって構成されるとした古典的観念論の教えの最新版にすぎぬのではないか。(同、〈上〉P.256)

ソシュールの関心の的は、人間が実際に何を語ったかではなく、人間が何かを語ることを可能にする構造のほうだった。(同、〈上〉P.270)

意味というのは、いうなれば、言語それ自身の関数=産物(ファンクシォン)であって、私の心的過程ではないのだ。(同、〈上〉P.268)


レスを書き込む

関連スレッド

スレッドタイトルレス
神の存在はあるのか?死後の世界はあるのか?15
netのニュー速(嫌儲)だけをターゲットにしたアフィブログが登場 もはや移住してない嫌儲民はアフィに餌与える存在48
いいねボタンの存在意義11
【サイエンス】火星に地表の20%を占める「巨大ため池」が存在していたとNASAが発表@next2ch4
俺って人々を癒す貴重な存在だよな3
【社会】寝台特急『トワイライトエクスプレス』の運休を喜ぶ人たち / 嫉妬と転売屋の存在@next2ch1
木星衛星に巨大な海か NASA、生命存在に期待30
【サイエンス】土星の衛星に「生命が生息できる環境」見つかる 東大とJAMSTECなど、熱水環境の存在明らかに@next2ch1
「コンビニ行ってくる」から「大根という存在が消滅した」までを繋げるスレ1000