(China PRC) ペレルマンの証明をシナ人(3人)が盗もうとしてた!w (ポアンカレ予想) (恐るべき中国人) アグネス 「ジャップ共は黙ってユニセフに

1アグネス「ジャップ共は黙ってユニセフに寄付を貢げば良いアルよ~w:2020/01/31(金) 03:41:36.38 ID:bwCbEjLL


      ペレルマンの論文は、思ったほど長いものではなく、途中途中がかなり省略されていた。  ポアンカレ予想の難しさもあって、数学者たちの査読は数年がかりとなっていた。

     そこにしゃしゃり出てきたのが、朱熹平と曹懐東という中国人数学者である。「亜洲数学」という中国の数学雑誌の2006年6月号に「我らこそポアンカレ予想の完全な証明を行った」と言わんばかりに論文を掲載したのだ。

     その論文のアブストラクトには、「不完全であったペレルマンの証明には致命的欠陥があったので、自分たちが完全なる証明を行った」とあった。

     数学の論文の世界では、少しでも間違いがある証明をしても意味がなく、最終的に何ら瑕疵のない証明を行った者が真の証明者となる。 だから、朱熹平と曹懐東は、自分たちがポアンカレ予想を証明した人間であると主張した。

     それだけだったらまだよかったのだが、ハーバード大教授で、アメリカと中国の数学界に大きな影響力を持つ中国系アメリカ人の丘成桐が出てきた。   大物数学者の丘成桐が朱熹平と曹懐東の主張を後押ししたのだ。

2アグネス「ジャップ共は黙ってユニセフに寄付を貢げば良いアルよ~」:2020/01/31(金) 03:45:19.69 ID:???

http://sakicchoman.blog.jp/archives/2063916.html

  文春文庫から先月出版された「完全なる証明 100万ドルを拒否した天才数学者」という本を読んだ。  この本は、数学(幾何学)上に幾つかある20世紀までに解かれなかった難問である「ポアンカレ予想」を解決した、ユダヤ系ロシア人の繰りゴリー・ペレルマンについて書かれた本だ。

・・・・・・・・・・・・  最終的には朱熹平と曹懐東の論文に、ほかのポアンカレ予想に関する論文から、参考文献として紹介せずに、論文の文章をまるまるコピーした箇所が見つかるなど、次々と問題が明らかになった。

     現在に至っては、「ペレルマンの論文で省略された箇所を解説した論文」という程度の扱いになっている。  ペレルマンを否定したアブストラクトも書き換えられている。

     この件以外にも、ペレルマンが数学界の最高の栄誉であるフィールズ賞を辞退したり、100万ドルの受け取りを拒否するほどの人間不信になる理由が幾らかあるのだが、ペレルマンの人間不信が加速した大きな理由が、丘成桐が教え子の中国人を持ち上げ、ペレルマンを蹴落とそうとしたことにあるといわれている。

     このことについて書かれた本の章のタイトルは「憤怒」だ。ペレルマンは数学界や数学者に対していろいろ起こる 【怒る】 わけだが、もっとも大きく起こらせた 【怒らせた】 のが、中国人なのである。

     中華民族の根本である泥棒根性は、世界中のいろんなところで見られる。  これはひとえに、中国人が厚顔無恥であるからだろう。  とりあえずむちゃくちゃ言ってみて、自分の主張が通ればラッキー。通らなくても気にしない。

     まさか、数学の世界でも、中国人の恐ろしさが見られるとは思わなかった。

32012/05  :2020/01/31(金) 03:48:21.82 ID:???

2012/05 http://sakicchoman.blog.jp/archives/2063916.html  文春文庫から先月出版された「完全なる証明 100万ドルを拒否した天才数学者」という本を読んだ。  この本は・・・・・・・・・・・・



    丘成桐はフィールズ賞受賞者だよ。貴女のブログとは関係ない分野でフィールズを受賞した。

4一方、これまたフィールズ賞に輝いたというから数学者としてはトップ:2020/01/31(金) 03:51:27.70 ID:???

一方、これまたフィールズ賞に輝いたというから数学者としてはトップクラスに位置するんだが、その後の評判がよくないのがハーバード大学教授の中国系アメリカ人の丘成桐。

     弟子にあたる朱熹平と曹懐東という中国人数学者が「不完全であったペレルマンの証明には致命的欠陥があったので、自分たちが完全なる証明を行った」と「我らこそポアンカレ予想の完全な証明を行った」と言わんばかりに論文を丘成桐が編集長の「亜洲数学」に掲載。この二人にフィールズ賞を共同受賞させようと画策したというのだ。

    朱熹平と曹懐東は、これまでにポアンカレ予想に関連する論文を1本も書いていない上、ペレルマンのポアンカレ予想に関する論文から文章をまるまるコピーした箇所が見つかるなど、次々と問題が明らかになったいうから何をか況やである。

5池田信夫 blog < インターネットはいかに知の秩序を変えるか:2020/01/31(金) 03:54:15.90 ID:???

池田信夫 blog    2008年08月

ペレルマンのことを書いたついでに、去年の本だがおもしろいので紹介しておこう。この種の本としては、傑作『フェルマーの最終定理』が文庫になったのでおすすめするが、本書もそれに劣らずよく書けている。

テーマになっているポアンカレ予想は、本書によれば「3次元物体にかけた輪ゴムを一点に縮めることができるのは(トポロジカルな意味の)球面だけだ」という、子供の遊びみたいな命題だ。しかも、これは4次元以上では証明されたのに、3次元(といっても多様体だから普通の球体ではない)だけが残されていた。それをウェブサイトに投げたドラフトで証明してしまったのがペレルマンである。

一般の読者には、彼の証明までの20世紀のトポロジーの歴史がやさしく解説されているのが便利だ。その証明の内容もていねいに説明されているが、さっぱりわからない(一般人が理解するのは無理)。しかし、これによって「トポロジーを研究する数学者の仕事はなくなった」といわれるほど革命的な業績らしい。

61. エノコログサ 2008年08月23日 03:12 中国に留学して改めてわかっ:2020/01/31(金) 03:56:16.75 ID:???

1. エノコログサ 2008年08月23日 03:12
中国に留学して改めてわかったこと

毒にも薬にもならないような人文科学を専攻している学生です。日本の大学院を休学して中国に留学しています。日本にいるときから知ってはいましたが、こちらではタイトルを変えただけの二重投稿や論文の盗作も日本以上に多いというか当たり前です。

学位論文なんか大抵本のまる写しか切り貼りです。大学の図書館にいっても必要な工具書の類がそろっていないことも当たり前。では公共図書館にいけば、本をみるのに何かと理由をつけてお金をとるのは当たり前、しかもなにかと理由をつけて本を見せないようにするのも当たり前、コピーを撮るときにもとんでもない額を吹っ掛けてくるのも当たり前。本は物価のわり結構高いので、留学生はともかく中国人学生では最低限必要な工具書さえ自前ではそろえられないでしょう。そんな劣悪な環境でも、一部ですが、優秀な研究者がいるのは不思議というか、本当に驚きます。単に優秀というだけでは生き残れない、それこそ政治的な手腕も必要なことも多いようです。理系のことはあまり知りませんが、中国と友好関係にある某国の学生(物理学専攻)は自国のほうが研究環境はマシといって帰国してしました。

7中国人数学者、難問「ポアンカレ予想」を証明:2020/01/31(金) 07:11:30.99 ID:???

http://j.people.com.cn/2006/06/05/print20060605_60336.html

中国人数学者、難問「ポアンカレ予想」を証明

広東省中山大学の朱熹平教授と米リーハイ大学の曹懐東教授による論文「ポアンカレ予想と幾何化予想の完全な証明:ハミルトン・ペレルマンのリッチ・フロー理論の応用」が、専門誌「The Asian Journal of Mathmatics」6月号に掲載された。両教授は米国の数学者ハミルトンとロシアの数学者ペレルマンの理論を用いて、世界的な数学の難問「ポアンカレ予想」を完全に証明した。

フィールズ賞受賞者でもある在米中国系数学者・丘成桐教授は「ポアンカレ予想を最終的に解き明かすもの」と同論文を評価。「ポアンカレ予想はトポロジーと幾何の中心であり、世界の多くの数学者が注目し研究に尽力してきた」と述べ、その解明の大きな意義を指摘した。

丘教授はさらに「両中国人教授の研究成果は、基礎研究分野で世界をリードするもの。ポアンカレ予想の証明は、科学者がわれわれの生きる空間への認識を深める助けとなり、物理学や工学の発展に重要な影響をもたらすだろう」と指摘した。

▽ポアンカレ予想

1904年にフランスの数学者アンリ・ポアンカレが提出した「単連結な3次元閉多様体は3次元球面に同相である」という仮説。世界の数学界が長年注目してきた重大な難問で、「数学の世紀の7大難問」の1つ。この100年余り、多くの傑出した数学者がその研究に力を注いできた。
(編集NA)
写真:朱教授(左)と曹教授(右)。

「人民網日本語版」2006年6月5日

85つ星のうち1.0 翻訳文の再検討が必要 2017年12月26日 形式: 文庫Ama:2020/01/31(金) 07:16:57.79 ID:???

5つ星のうち1.0 翻訳文の再検討が必要
2017年12月26日
形式: 文庫Amazonで購入
他の方々のレヴューと同じく、ペレルマンの伝記として、この本を面白く読んだ。
一方、今までに私が読んだこの訳者による他の翻訳書とはやや異なり、ごく僅かだが、論理的におかしな、
つまり、誤訳と思える箇所があるようだ(ただし、それは本書の価値を決して減ずるものではない)。 
英語の原文を見ることができないので、私の誤読かもしれないが、例えば、
「ペレルマンは試験を受けたがらなかった。なぜなら、......彼の目には公正なものに見えたからである。
それに加えて、........彼はけっして認めようとしなかったからだ。」(P.80) 
ここは「公正なものに見えなかったからである。」であろう。
「ペレルマンがそれに気づかずにいるためには、入ってくる情報を自分で大幅に編集しなければ
ならなかっただけでなく、母親と....の協力が必要だった」(P.80)
ここでの「自分」とはペレルマン自身のことと読み取れるが、そうであれば、論理的に不可。
あるいは、この「自分」とは3行前の”ユダヤ人夫婦”のことか。
「博士号をとる前にポストドクトラル・フェローとして数年ほどアメリカに....」(P.87)は不可。
ポスドクであるから「博士号をとった後に」であろう。
現に(1990年に博士号取得後に、P.159)、「1993年の秋、ペレルマンはポストドクトラル・フェロー
としてクーラント研究所にやってきた。」(P.164)とある。
「とても才能のある子が一人いましてね、その子の担任が泣きそうになって私のところへ来るんです。
それで私がその子に、どうしたのと尋ねたら、その子はこう言いましたよ。」(P.87) 
これも論理が不可。来たのは担任の先生であり、その子ではないはずだ。
「自分よりずっと良い教育を受けることになるのがわかっていても、それによって自己を
揺るがされたりしない。」(P.89) 
この「自己を揺るがされたりしない。」とは「自分の自信はなくならない」ということだろうか。
本書は、細かいところであるが、翻訳文の再検討が必要である。

9「福岡伸一」とかいう大学教授が知ったような文章を書いているが、空:2020/01/31(金) 07:21:47.93 ID:???

以下の点はちょっとマイナスだと感じたところである。

1.ロシア人の人名が複数出てきて、誰が誰だか混乱する箇所があった。
2.ペレルマンと直接関係ない、もしくは関係の薄いロシア数学者の話がかなり長い。

3.「あとがき」に、「解説」という形で、本書となんのつながりがあるのがわからない「福岡伸一」とかいう大学教授が知ったような文章を書いているが、空気の読めない大学教授らしく、本書とは関係の薄い内容を自慢げに書いていてすごい不快である(私は「フェルマーの最終定理」も読みましたが、訳者の青木薫さんのあとがきの方はすばらしいと思います)。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています

10 「あとがき」で著者が書いているように、アメリカ版と日本語版とで:2020/01/31(金) 07:23:36.98 ID:???

 「あとがき」で著者が書いているように、アメリカ版と日本語版とでは、内容が若干異なる(!)ということが興味深い。旧ソビエト体制下における彼の地でのユダヤ人に対する過酷なまでの差別意識、このあたりがアメリカ版ではほとんど書かれていない!ということだ・・・・・・米ソ間の雪解け、それとも、不仕合せ感を出したくなかったのか??

 まあ、いい。いずれにしろこの手の翻訳にはつとに定評のある青木薫女史の名訳。もともと日本語で書かれていたかのように、すらすらと読み進めることができるのは「さすが!」である。

11この背景には、ヤウ・シントゥン(丘成桐)という数学界の大物で権力:2020/01/31(金) 07:25:40.86 ID:???

この背景には、ヤウ・シントゥン(丘成桐)という数学界の大物で権力欲に駆られた卑劣な人物が関わっていると、著者が告発している。この男はペレルマンの論文をほぼ丸写しし、ペレルマンの業績を横取りしようとした。純粋に数学を愛するペレルマンはこのような数学界に嫌気が差し、人間不信に陥ったというのである。

この痩せて背が高く、長髪で、爪も長く伸ばした、「あまりにも才能に恵まれ、あまりにも孤独」なペレルマンに尊敬の念と親近感を感じてしまうのは、私だけだろうか。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています

12青木/薫 1956年、山形県生まれ。京都大学理学部卒、同大学院修了。理:2020/01/31(金) 07:30:50.49 ID:???

青木/薫
1956年、山形県生まれ。京都大学理学部卒、同大学院修了。理学博士。専門の理論物理学から、数学、分子生物学、科学哲学までポピュラー・サイエンスの翻訳を幅広く手がけ、ファンも多い

13池田信夫 blog   2008年08月  ( 「ポアンカレ予想」 という:2020/01/31(金) 09:54:44.36 ID:???

池田信夫 blog   2008年08月  ( 「ポアンカレ予想」 という題名の本 ) 

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51294857.html

   ペレルマンのことを書いたついでに、去年の本だがおもしろいので紹介しておこう。この種の本としては、傑作『フェルマーの最終定理』が文庫になったのでおすすめするが、本書もそれに劣らずよく書けている。

テーマになっているポアンカレ予想は、本書によれば「3次元物体にかけた輪ゴムを一点に縮めることができるのは(トポロジカルな意味の)球面だけだ」という、子供の遊びみたいな命題だ。しかも、これは4次元以上では証明されたのに、3次元(といっても多様体だから普通の球体ではない)だけが残されていた。それをウェブサイトに投げたドラフトで証明してしまったのがペレルマンである。

一般の読者には、彼の証明までの20世紀のトポロジーの歴史がやさしく解説されているのが便利だ。その証明の内容もていねいに説明されているが、さっぱりわからない(一般人が理解するのは無理)。しかし、これによって「トポロジーを研究する数学者の仕事はなくなった」といわれるほど革命的な業績らしい。

この証明が世の中的に有名になったのは、何といってもペレルマンがフィールズ賞を拒否した事件のおかげだろう。彼はハーバード、スタンフォード、プリンストンなどからの教職のオファーも100万ドルの賞金も拒否し、ロシアの研究所も辞めて、行方不明になってしまった。その原因には諸説あるが、New Yorkerによれば、トポロジー業界のボス、丘成桐(Yau Shing-Tung)の政治工作が原因らしい。

ハーバード大学教授であるヤウは、中国政府に国立の数学研究所をつくらせ、中国数学会の学会誌を創刊して編集長になり、そこに自分の弟子がペレルマンの証明を丸写しした論文を(査読もすっ飛ばして)「ポアンカレ予想の最初の証明」と題して載せ、フィールズ賞を共同受賞させようと画策したのだ。「数学界では倫理基準を破った人が批判されず、私のような一匹狼は追放される」というペレルマンの言葉が、彼の引退の理由を暗示している。

しかし私などは、これぐらいえげつなく「中国は数学でも一流だ」とアピールし、世界の学界のリーダーシップを握ろうとする中国人の迫力に、むしろ感心してしまう。国際会議でプレゼンも原稿の棒読みで、欧米勢が勝手に標準を決めてもじっと黙っている日本人を見ていると、科学技術の世界で中国に抜かれる日も遠くない(もう抜かれている?)ような気がする。

14名無しさん@Next2ch:2020/09/14(月) 23:47:07.36 ID:???

☆倭猿に国家運営は出来ません!ヒトモドキが政治をすれば地球人を丸パクリして劣化させた人治国家になります!☆

☆倭猿に差別は出来ません!中国からは倭人、鬼子、米国からはジャップ、イエローモンキー、と有史以来バカにされないことは無かったくせに、人として扱われた事は一時も無かったくせに、差別され続けて嗤われまくって存在してきたくせに、2000年前(なお天皇家に連続性も無い)よりあらゆる国からバカにされ続けてきたくせに、無知で偏狭な倭猿はそのあまりの閉鎖的な島国根性と病的な妄想虚言癖のせいで、現実を視ることが出来ずに、自分達を何故か優等な"人種"と錯覚しているだけなのです!自分達はヒトモドキジャップとして世界中から見下されているんです。しかし、脳障害には付ける薬が無いので・・・☆

☆倭猿にマトモな教養や道徳を求めてはいけません!ヒトモドキに文明は要りません!バカウヨにインターネットを与えると、愛国に繋がる主張でも、国益に通ずる活動でもない便所の落書きを垂れ流し、精神勝利を繰り返して自慰をこじらせ、最終的にお縄に掛かる未来が目に見えています。日本にとって害悪しかないのです。地球にとって、存在が公害でしかないのですから。☆

~無知で無恥なキチガイバカウヨヒトモドキジャップの特徴~

・アジアの目の敵、世界の爪弾き、地球の吹き出物で在る、有害無益のエセ国家ゴキブリ倭国を構成する生き恥のひとり
・職無し
・金無し
・学歴無し
・プライド一流
・コンプレックス一流
・日本スゴイ!大日本帝国バンザイ!(海外:本当に病的だねWWW骨の髄からから、無知で偏狭で意地汚くて恥ずかしい国体と国民性なんだねWWWWWW)
・発達障害

倭猿バカウヨに国家運営は不可能です。
ブログ運営すらマトモにこなせないバカウヨ高齢者に、何を求められよう。

能無しヒトモドキ倭猿には、中国にバカにされ続け、アメリカに鼻であしらわれ続け、ロシアに土下座し、ヨーロッパをストーカーし、韓国に勝てず、朝鮮にビビり、ウジムシ台湾島猿に永遠に片思いする現実がお似合いです。

自分たちのあらゆる捏造や妄想や虚言を、国際社会に認められるまで、英語で発信でもしてみれば如何ですか?
恥ずかしくなって自害するのがオチですよ。

15 ↑ シナ人のネット工作員か?www    :2020/09/15(火) 01:23:34.15 ID:???

↑ シナ人のネット工作員か?www


> ☆倭猿に国家運営は出来ません!

ってwww  「色盲絵師」クン と似た精神構造なんだろうか?www

http://next2ch.net/campus/1485554413 色盲絵師が本名 ・ 大学など身バレ し 炎上中【manga】嫌儲 貼られる 謎の1ページ漫画 jpg, png, gif, 壊死ニキ


「しきもう」 で 変換できない理由は何なんだぜ???wwwwwwwww


レスを書き込む

このスレッドはID非表示です。