(Orson Welles)  オーソン・ウェルズ  『市民ケーン』 Citizen Kane ジョゼフ・コットン,ドロシー・カミンゴア 「バラのつぼみ」という言葉を残して亡くな

1(Orson Welles):2018/05/29(火) 11:49:29.03 ID:4sBtDMSB

『市民ケーン』(しみんケーン、原題: Citizen Kane)は、1941年公開のアメリカ映画。RKO配給。監督・製作・脚本・主演はオーソン・ウェルズ。モノクロ、119分。 オーソン・ウェルズの監督デビュー作。「バラのつぼみ」という言葉を残して亡くなった新聞王ケーンの ...

脚本ウェルズ,ハーマン・J.マンキウィッツ。主演ウェルズ,ジョゼフ・コットン,ドロシー・カミンゴア。世界映画史上の傑作の一つ。演劇や ...

2名無しさん@Next2ch:2018/05/29(火) 11:50:04.24 ID:???

季刊リュミエール 5 

特集 ロベール・ブレッソン オーソン・ウェルズ 山中貞雄 蓮實重彦責任編集 筑摩書房

発行年:1986年初版第1刷

出版社:筑摩書房

状態:【並み】お読みいただく分には問題ありません
 
詳細:表紙まわり若干イタミ 全体に経年ヤケ黄ばみ 天にポツポツとした埃シミあり 本文は経年の割に良好です B5判

販売価格 購入数
1,000円(内税)

3名無しさん@Next2ch:2018/05/29(火) 11:52:01.98 ID:???

1976年CM ニッカウヰスキー G&G 第三の男 オーソン・ウェルズ - YouTube
Video for   オーソン・ウェルズ  ニッカ   電通
▶ 1:01
https://www.youtube.com/watch?v=zyMfbwrIplk
Feb 14, 2014 - Uploaded by 懐かしいTVCMアーカイブス
制作年:昭和51年(1976年) 広告主:ニッカウヰスキー 商品名:G&G 作品名:第三の男 出演者:オーソン・ウェルズ 制 ...

4名無しさん@Next2ch:2018/05/29(火) 11:58:51.32 ID:???

オーソン・ウェルズ Orson Welles 弱冠25歳で頂点を極めた天才児. ... 旧友のジョゼフ・コットンやマレーネ・ディートリッヒ等が、ウェルズのために低いギャラで出演。 (左の写真) ... 日本では英会話教材のナレーターや、ウィスキーのCMなどでもお馴染みだった。


このマーロン・ブランドと同じように、演技力はバツグンだけど、あまりの法外なギャラ要求と、制作に関わりするぎるとして敬遠されてた俳優がもうひとり居ました。 ... 一時期、ニッカウヰスキーのCMに出演してたので、顔は見知っていても、彼の作品を見た人はもう少ないでしょう。 ... この「市民ケーン」は、オーソン・ウェルズが主演はおろか、監督まで務めた作品で、ハリウッド映画で初めて試みられたディープフォーカス( ...


チャールズ・ブロンソンは1970年代初頭に男性化粧品マンダムのCMで人気爆発だったが大林 ...

5名無しさん@Next2ch:2018/05/29(火) 12:04:03.73 ID:???

深水藤子 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/深水藤子
Translate this page
深水 藤子(ふかみず ふじこ、1916年4月10日 - 2011年12月18日)は、日本の映画女優である。画家の伊東深水が同芸名の名づけ親で、本名は安田 富士子(やすだ ...


1935年(昭和10年)、19歳になり、山中貞雄監督の『丹下左膳余話 百萬両の壺』に出演、ひきつづき稲垣・山中共同監督作品『関の弥太ッぺ』の大河内の相手役に抜擢される。山中監督の『街の入墨者』に抜擢されるにいたり、山中とのロマンスが噂されるようになる。同作は同年の「キネマ旬報」誌ベストテン2位に選ばれたが、プリントは現存しない。同年から足掛け2年がかりの稲垣監督の超大作『大菩薩峠』に出演、花井蘭子と双璧の日活時代劇スターとなった。翌1936年(昭和11年)1月8日のスタジオ開きで、花井は功労賞、深水は技芸賞を受賞した[2]。

1937年(昭和12年)、ひさしぶりに山中監督の『森の石松』に出演、山中は同作を最後に日活を退社、P.C.L.に移籍する。移籍後第1作の『人情紙風船』を最後に、8月に応召、翌1938年(昭和13年)9月17日に戦死してしまう。深水は山中との結婚を心に決めていたという説がある[2]。

6   当時の深水はまさに絶頂期で   :2018/05/29(火) 12:05:41.21 ID:???


プライヴェイトな別離とは裏腹に、当時の深水はまさに絶頂期で、1937年6月の花井の退社・P.C.L.入り以来、日活時代劇の娘役の筆頭スターの地位を独走、5月に阪東妻三郎がプロダクションを解散して日活入りすると、阪東主演、マキノ正博監督の『国定忠治』で相手役を、翌1938年1月、嵐寛寿郎がプロダクションを解散して日活入りすると、『鞍馬天狗』で共演する。阪妻・嵐寛・千恵蔵揃い踏みの『忠臣蔵』地の巻(監督池田富保)/天の巻(監督マキノ正博)、および『続水戸黄門廻国記』(監督池田富保)の同年の2大作品にも出演した[2]。


1942年(昭和17年)1月の戦時統合による大映への合併を期に退社、26歳で映画女優を引退した。このときすでに100本の映画に出演していた。川浪良太郎一座に加わり、舞台を踏んだ。戦後は大映の伊藤大輔・稲垣浩共同監督作品『東海水滸伝』(1945年)や東宝の小田基義監督作品『音楽五人男』(1947年)に顔を出したが、基本的には引退している。1951年(昭和26年)10月、中園忠淳と結婚、一男をもうけたのちに離婚した[2]。


レスを書き込む

このスレッドはID非表示です。