『コンビニには通える引きこもりたち』より

1番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2020/09/16(水) 13:51:04.66 ID:NQwYnX/r

「引きこもり」という言葉が世の中に広まって20年以上。
2019年には元農水省事務次官が40代の引きこもりの
息子を殺害する事件が起こり、衝撃を与えた。
しかし、訪問活動と共同生活寮の運営などを通じて
1600人以上の引きこもりを支援してきた
NPO法人ニュースタート事務局スタッフ 久世芽亜里氏は
「引きこもりの実態は未だ理解されていない」と危惧する。
「コロナの影響で、引きこもりへの支援は後回しに
なるのではないか」と語る久世氏の著書
『コンビニには通える引きこもりたち』(新潮新書)から
「引きこもり」の実態を探る。

#1
「10年引きこもりでもうちの子は働ける…」
1600人以上を支援したNPO関係者が語る”引きこもりのマッチング”
https://bunshun.jp/articles/-/40206

#2
「引きこもりのほとんどは発達障害」って本当?
引きこもり支援のプロが語る”ボーダーの生きづらさ”
https://bunshun.jp/articles/-/40227

2番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2020/09/16(水) 14:48:14.54 ID:xUVFcCB0

やめてくれたまえ


レスを書き込む