大気汚染が糖尿病の原因に、世界で年間320万人発症 米研究

1名無しさん@Next2ch:2018/07/02(月) 20:46:03.86 ID:xtQe/GH4

(CNN) 大気汚染はたとえ米環境保護庁(EPA)や世界保健機関(WHO)の基準を下回っていたとしても、世界で糖尿病のリスクを増大させているという研究結果を、このほど米ワシントン大学などの研究チームが発表した。

この研究結果は6月29日のランセット・プラネタリー・ヘルスに発表された。研究チームは、2016年だけでも世界で320万人が大気汚染に起因する糖尿病を発症したと推定。これは全症例の14%を占めている。米国では年間15万人の糖尿病発症が、大気汚染に関係しているとした。

論文執筆に加わったワシントン大学の研究者は、「糖尿病と、現在の安全基準を大幅に下回るレベルの粒子大気汚染との間には、否定できない関係がある」と指摘。「多くの業界ロビー団体は、現在の基準が厳しすぎるとして緩和を求めている。だが証拠が示す通り、現在の安全基準はまだ不十分であり、強化する必要がある」と話す。

粒子状物質が引き起こす大気汚染について、EPAの基準では最小で直径2.5マイクロメートル程度の粒子を規制対象としている。

10マイクロメートルより小さい粒子は肺に侵入できるだけでなく、血中にも入り込んでさまざまな臓器に運ばれ、慢性炎症反応を引き起こして疾病の原因になるとみられている。

つづき
https://www.cnn.co.jp/fringe/35121786.html

2名無しさん@Next2ch:2018/07/02(月) 21:08:04.75 ID:FihEho9X

たばこはPM2.5の塊
では喫煙者は糖尿病のリスクあがるんだろうか?

3名無しさん@Next2ch:2018/07/02(月) 21:29:47.93 ID:E9VL9uh2

インドや中国の糖尿病患者数がぶっちぎりの1位2位なら信じてもいい

4名無しさん@Next2ch:2018/07/04(水) 04:57:35.87 ID:b7g6pfvV

どっちみち汚染された空気を吸って体にいいわけがない


レスを書き込む