ホーキング博士最後の論文 「多元的宇宙」規模縮小した理論提唱

1名無しさん@Next2ch:2018/05/08(火) 06:47:03.43 ID:mAlMBn6A

【5月7日 AFP】英国の宇宙物理学者、故スティーブン・ホーキング(Stephen Hawking)博士の
死後に発表された新たな論文によって、天文学者らを大きく二分してきた問いについての議論が
再燃している。それは、私たちが今いるこの宇宙は拡張し続ける無限の「多元的宇宙」のうちの
一つにすぎないのではないかという問いだ。

論文はベルギーのルーベンカトリック大学(KU Leuven university)の
トマス・ヘルトーク(Thomas Hertog)氏と共同執筆され、博士が亡くなった3月14日以前に
提出されたもので、今週「Journal of High Energy Physics」に掲載された。

ある学派によると、宇宙はビッグバン(Big Bang)の後、爆発的に拡張し始めた。この拡張あるいは
「膨張」は大部分で永遠に続いていくが、この動きが停止する所もいくつか存在する。私たち人類が
今いるような宇宙は、こうした場所につくられている。

多くの科学者らは多元的宇宙論を嫌い、ホーキング博士もその一人だった。博士は昨年行われた
インタビューで、「私は、多元的宇宙のファンであったことは一度もない」と語っていた。
だが、天文学に対する最後の貢献となった今回の論文では、この理論をはねつけるのではなく、
その数を大幅に縮小した理論を提唱している。

ホーキング博士が在籍していた英ケンブリッジ大学(Cambridge University)は、
博士が同論文について「私たちは単一宇宙にまで縮小したわけではない」が、
「私たちの研究結果は、多元的宇宙の著しい縮小、すなわち、存在するかもしれない宇宙の数は
(無数ではなく、それより)はるかに小規模であることを示している」と語ったとしている。

ヘルトーク氏はAFPの取材に対し、新たな仮説は「ひも理論、弦理論」として知られる理論物理学の
一つの考えに基づいたものであるとし、宇宙には多くの宇宙があるとしても、その数は
「明らかに有限」だと結論付けていると語った。(c)AFP/Mariette le Roux and Laurence Coustal

http://www.afpbb.com/articles/-/3173633

2名無しさん@Next2ch:2018/05/08(火) 22:07:56.18 ID:5XAUcKhu

個人的に世界は多様なほうがいいと思うけどな

3名無しさん@Next2ch:2018/05/08(火) 22:46:10.40 ID:eXU2Wnw7

たぶん論文はこれ
https://arxiv.org/abs/1707.07702

物理学を志す人はみんなヒモに憧れてみんなどこかで挫折する
挫折したやつは読めない
俺は読めない

4名無しさん@Next2ch:2018/05/08(火) 22:53:33.91 ID:bJD+tVta

ヒモきらい
パンケーキのほうが好き


レスを書き込む