【社会】急ぎの依頼を失念。怒りの矛先かわす「花束理論」 効果満点! 仕事の場面別 頭の下げ方ガイド@next2ch

1名無しさん@Next2ch:2015/03/09(月) 16:13:25.78 ID:???

「御社の仕事が最重要案件です」“花束理論”で怒りの矛先をかわす

失念することは誰にでもある。

とはいえ、取引先や上司など依頼した側は失念されても
「まあ、急ぎの案件だったからしかたないか」などと寛容に考えてくれるはずがない。
むしろ約束を反故にされたことに対して大いに憤りを感じるものだ。

こんなとき、どんな対処が失地回復の一手となるのだろうか。

高井・岡芹法律事務所会長で人事・労務専門の弁護士として長年活躍する高井伸夫氏は
言い訳をせずに「詫びるべき点は素直に詫びる」の原則でいくことをすすめる。

「依頼を承諾した以上、責任が生じます。だから、それを実現できなかったことを率直に詫びるべきです。
そして、大事なのは大至急リカバリーに努めること。
締め切り日(時間)を過ぎていて迅速性が求められているなら
完全を追求せずに7~8割の出来具合でもいいからまずは提出して
残りはいつまでに提出しますと伝えれば先方も少しは納得するでしょう」(高井氏)

ただし、このリカバリーには注意が必要だ。
忘れた失策を取り戻すべく、「いつ」までに依頼されたモノをお届けすると言えば
それは再び先方と約束をすることになる。
そのとき、設定する期限の日にちや時間には少しゆとりをもたせるべきだと、高井氏は言う。

相手の剣幕に押されて冷静な判断をせず、実現不可能な日時を伝えてしまい
またしても約束を反故にしたら……。相手は二重に怒り狂う事態になるにちがいない。

「謝罪の場面では、自分に負い目があるため
相手の要求に安請け合いしがちですが、そこは慎重に対処すべき。
謝ることと新たな約束をすることは、まったく別物だと割り切ったほうがいいですね。
下手をすると、謝罪自体が責任追及の対象となり、泥沼化してしまいます」(高井氏)

(全文はリンク先で)
以下ソース
http://president.jp/articles/-/14710

2名無しさん@Next2ch:2015/03/09(月) 19:28:21.63 ID:???

ここを読む限り「理論」なんてものじゃない


このスレッドは過去ログです。

関連スレッド

スレッドタイトルレス
【社会】 餃子の王将で全裸撮影した客 「店の許可得た」 閉店・損害賠償も5
【社会】 靖国に放火目的か、侵入容疑で韓国人の男逮捕1
【社会】 「東北復興不要」 「高齢者早く死ね」 経産省官僚が懲戒処分5
女の子に生まれたかったよな。受身でいい、社会的に守られる、ニートでも許される。最高だろ8
【社会】 年末ジャンボ 1等7億円に 売り上げ減り増額6
【社会】 福岡県職員 気付かれずに?声優活動の副業20年以上4
【社会】 帰省ラッシュ始まる 乗車率250%の新幹線も・・・3
【社会】 東京消防庁 去年の救急出動「74万9000件」で過去最多更新4
【社会】 「ギョーザのまち」宇都宮が3年ぶりの日本一奪還4
【社会】 「脱法ハーブ吸った」 福岡天神で暴走事故 15人負傷7