「HY戦争」のライバル ホンダとヤマハ発が手を組む本当の理由

1名無しさん@Next2ch:2016/10/17(月) 21:15:22.05 ID:qIphhtZh

ホンダとヤマハ発動機が排気量50ccスクーターの国内向け生産、開発などで提携することになりそうだ。かつて「HY戦争」と呼ばれるほど激しい二輪車の販売合戦を繰り広げたライバル同士だが、縮小する国内二輪車市場への危機感は強く、タッグを組むことで効率化を進める考えだ。両社が2016年10月5日に東京都内で記者会見し、提携の検討を始めたこ とを発表した。

主な提携内容は、ヤマハ発が販売する 「ジョグ」「ビーノ」の生産を2018年にも委託し、ホンダは自社の「タクト」「ジョルノ」をベースにしてヤマハ発に提供する。宅配用スクーターの次期モデ ルの共同開発や、電動スクーターの普及に向けても協力する方針だ。50CC以外の二輪車で提携しない。17年3月の正式契約を目指す。

「今はしこりなどない」

両社は1980年前後に「HY戦争」と呼ばれる大幅値引きによる乱売合戦を展開し、今でもホンダが国内トップシェアを誇り、2位にヤマハ発が続くライバル同士。提携検討を発表した記者会見では、「過去に激しい競争があったのは事実だ が、今はしこりなどない」(ホンダの青山真二取締役)と強調した。提携はヤマハ発側から持ちかけたという。

ただ、当時を知る中高年にとって、今回の発表は「二輪車を巡る経営環境の激変ぶりを痛感させられた」(関係者)ほどのニュースだ。

二輪車市場は縮小傾向が続いており、特に50cc以下の国内販売台数は、1982年の278万台をピークに2015年には1割以下の19万台にまで減少した。「軽自動車、電動自転車の販売が拡大した」(青山氏)ため。さらに安全基準や排ガス規制が強化されるなど国内の二輪車市場を取り巻く環境は厳しさを増すばかりだ。

全文はソース先にて

http://www.j-cast.com/2016/10/17280790.html

2名無しさん@Next2ch:2016/10/18(火) 15:57:06.62 ID:sn+qBzk0

過去の遺恨を水に流すほど市場の状況が悪化してるのだな
確かに50ccのスクーターはあまり見かけなくなった


レスを書き込む

関連スレッド

スレッドタイトルレス
千年戦争アイギス31
真夏の夜の冬戦争11
FOX★が俺らnext移民と同じ敵 「敵の総本山は山下のmonazilla★」 戦争や16
おまいら戦争ごっこしようぜ!16
【経済】日本は「戦争をできる国」にはなれない 財政から見た自衛隊の「本当の姿」@next2ch1
おまんこ大戦争6
【国際】清国、尖閣諸島を領土と認識せず…「日清戦争で強奪」の中国主張を覆す公文書確認1
怪獣大戦争 アノニマスvsISIS7
戦争前夜???ミャンマー中国着弾の死者5人に 国境付近に中国軍多数7
水川あさみ 木村文乃 ■ ゴーストライター#10 銭の戦争#11 ■ フジ 21:00~23:025