美術史

1名無しさん@Next2ch:2013/12/17(火) 23:11:08.22 ID:jBBF40I9

美術史だ

2名無しさん@Next2ch:2013/12/17(火) 23:27:41.38 ID:hB8hxSMh

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          それは・・・・
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       ゴダールの「映画史」を観たら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        普通の意味での”映画史”とは似ても似つかぬものに遭遇してしまい
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |        頭がどうにかなりそうだった、的な?
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人 
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉      な… 何を言ってるのか わからねーと思うが(以下略)
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ

3名無しさん@Next2ch:2013/12/18(水) 00:09:52.24 ID:qLF6gwrD

西洋美術史
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%B4%8B%E7%BE%8E%E8%A1%93%E5%8F%B2
西洋絵画史
http://art.pro.tok2.com/index.html
日本美術史
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%BE%8E%E8%A1%93%E5%8F%B2

4名無しさん@Next2ch:2013/12/18(水) 22:22:40.07 ID:X70dMjrp

元気でね

5名無しさん@Next2ch:2013/12/19(木) 01:00:23.90 ID:1itWlYmj

>>1が何をしたかったのか知らないけど
暇が出来たらちゃんとしたレスを埋めてまともな美術史スレにしてやるからな

6名無しさん@Next2ch:2013/12/19(木) 03:35:26.14 ID:5YhSOsTT

年末から年度末にかけては皆ちょと忙しかろうな

7名無しさん@Next2ch:2013/12/19(木) 21:53:32.14 ID:1itWlYmj

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Jomon_vessel_3000-2000BC.jpg

やはりまぁ こういうモノをイメージした奴は只者じゃないと思うわけよ

8名無しさん@Next2ch:2014/01/11(土) 08:14:04.50 ID:jVJtsTwK

幼児期に縄文土器を見て好きになった
小学生の頃は展示されている部屋に入り浸ってた
螺旋文様や組紐文様および類似のイメージは世界各地にあって
それぞれが互いになんとも言えない引きあう力を感じた

9名無しさん@Next2ch:2014/02/11(火) 13:43:16.91 ID:aLU+7prf

大雑把にいうと弥生時代以降、仏教が来るまでシンプルで装飾性を排した文化が続くって理解でいいのかな

10名無しさん@Next2ch:2014/02/11(火) 14:22:09.16 ID:xnasPLfW

もしかしたらその時期は文化面でも社会面でも産業的・構造改革的な効率主義が優先されたのかもしれないね

11名無しさん@Next2ch:2014/02/11(火) 20:37:26.93 ID:aLU+7prf

やっぱり農耕なんちゅうシステマティックなことを始めてしまったからなあ
安心して寿命を延ばせる代わりに
心の激しさは押し殺してた時期なのかな


レスを書き込む